ロングドレスでの歩き方

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昔はロングドレスというと特別な社交の場というイメージでしたが、
最近はFBのイベントなどでもロングドレスも着用する機会が増えてきたように感じます。

今日はロングドレスの歩き方をご説明いたします^^

ロングドレスでの歩き方は上半身の使い方と顔の向きがとても大事。

しっかりとお客様を意識して顔を向けます。
 

イメージがしにくいと思うので、⬇︎動画⬇︎

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ターンによって顔を残す方と、入れる方があるので、どちらもできるようにしましょう^^


※ショーの歩き方とミス・アースなどのミスコンでの歩き方は若干異なります。

ミスコンなどに参加される場合はしっかりと目線を送り、
止まる時間を長くして、しっかりとお客様や審査員にアピールをしましょう※


デコルテが縮こまらないようにすることと、

肩が上がらないこと、

手も振りすぎないよう注意が必要です。
 

 

ドレスの足さばきはどんなドレスを着るかによって変わります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


プリンセスタイプはドレスを蹴り上げるように歩くか
靴を滑らしてから乗り込むように歩く

マーメードタイプやカラダのラインが分かるドレスはエレガントに腰のくびれが強調されるように1本の線を細めにして歩く

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(ショーでなく格が高いフォーマルなパーティーの場合はあまり腰を強調した歩きをすると品がないと思われるので、腰が動かない様に注意が必要!)
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



トレーンがあるドレスはターンの時大きく回るか、足でけり上げる

などなど、注意すべき点はたくさんあります。
 

360度ターンは練習が足りないと軸がブレるので
慣れない人がターンをする場合はハーフターンの方がお勧めです(^-^)



そして最大のポイントはなりきること!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

これ、本当に一番大事!

ドレスを着ている自分
優雅な自分

裾の動きなどイメージしながら動くと、
ゆったりとした気持ちが雰囲気を作り
それらしい歩きになります(笑)

そして最後に笑顔をお忘れなく☆

お問い合わせ・お申し込みはこちら