【悪い歩き方による障害について】

歩くことは人間の基本的な動作ですが、日本人は「歩き方を習う」という文化が元々ないため、

老若男女を問わず間違った歩き方をされている人がたくさんいます。

 

間違った歩き方は、健康や美容に悪影響を及ぼすことをご存知ですか?こちらでは悪い歩き方によっておきる弊害についてご説明いたします。

 

●外反母趾

足の親指が小指側に15度以上湾曲している状態が外反母趾です。

 

外反母趾は中程度だと20度以上、ひどくなると30度以上曲がることもあります。

 

外反母趾を引き起こす原因として、間違った靴選びや悪い歩き方が挙げられます。

 

間違った靴選びは足を圧迫し足を変形させます。

 

また、靴選びが正しくても、間違った歩き方の場合、本来圧力がかからない足の部位に過度な負担がかかることによって外反母趾を引き起こす原因となります。

 

アクティブサポートかつきではシューフィッターの資格やリフレクソロジーの資格も持っておりますので、ウォーキングの教室の中で歩き方指導はもちろんの事、正しい靴の選び方や足のセルフケアの仕方もお伝えいたしております。

 

外反母趾など足のトラブルが気になる方は教室の中でお声掛けくださいませ。

 

●腰痛・膝痛

腰痛は日本人の国民病ともいわれていています。

 

腰痛の原因は足を組んだりすることで骨盤が歪んでしまったり、重い荷物をいつも同じ手で持って背骨が歪み腰に負荷がかかるなど理由はさまざまですが、歩き方が原因で痛みを引き起こしている可能性もあるというのはご存知でしょうか?歩く時には体重の3〜5倍の負荷がかかるといわれています。

 

間違った歩き方が原因で膝や腰で体重を受け止めてしまい腰痛や膝痛になってしまったり、硬くなってしまった筋肉が歩く時の衝撃をうまく吸収できず腰や膝に負荷をかけて痛みが出ることがあります。

 

教室の中では正しいカラダの使い方を覚えていくことと同時に、適度な筋力をつけることで腰痛や膝痛を解消していく方法をお伝えしています。

 

 

●O脚やX脚

きれいな足の形は、立った時に股関節に近い太もも・膝・ふくらはぎ・くるぶしの4点がそれぞれくっついた状態ができるかが一つの目安といわれています。

 

O脚・X脚になると、その4点のいずれかがつかなくなります。O脚・X脚の中にも種類があり、

股下とかかとをつけると膝がつかないO脚・膝がついてかかとが離れてしまうX脚や、膝とかかとはつくがふくらはぎがつかない下肢O脚などがあります。

 

これらは見た目に美しくないだけでなく、足の筋肉が偏った使い方になることで外反母趾や浮き指を引き起こしてしまう原因のひとつになったりもするのです。

 

これらは正しい歩き方を知り日々のセルフケアをしていくことで改善していきます。あなたも細くて適度に筋肉があるきれいな足になってみませんか?

 

 

大阪市近郊でウォーキングやダイエットを始めたい、部分痩せをしたいとお考えの方は、アクティブサポートかつきをぜひご利用ください。

アクティブサポートかつきでは、エクササイズやウォーキング、セルフケアを取り入れたカラダのアプローチと、スピリチュアルの観点からのココロからのアプローチを同時に行いますので一味違うウォーキングレッスンを楽しんでいただけることでしょう。

また香月流ミラクルダイエットの魅力は即効部分痩せでもあります。

カラダのラインを整えながらココカラダイエットをしてみませんか?

Adrress       大阪市北区梅田1丁目11-4-923-632

Call         090-2724-2603(代表)

E-mail       info@a-support.net

Copyright ©  アクティブサポートかつき All Rights Reserve