【男女で異なる!?いろいろな感じ方】

男性と女性で考え方は違うといいますが、どうしてそのようなことが起きるのでしょうか?

こちらでは男女別でどのような違いがあるかをご紹介します。

脳の構造

女性と男性の脳の構造の大きな違いは「脳梁」という部分の太さの違いと言われています。

脳梁が細い男性は1つ集中の完結型。パソコンでいう「シングルタスク型」。お茶の世界やお花の世界等、何かを極めて「先生」と呼ばれる方に男性が多いのはこの集中力の高さではないかと言われています。

 

それに対して女性は脳梁が太く一度にいろいろな事が出来ると言われています。パソコンでいう「マルチタスク型」ですが、一度にいろいろな事を処理するため集中力が分散されやすいのが難点。

 

また話をする時も男性が言語を司る言語中枢を主に使って理論的に話をするのに対して女性は脳のいろいろな部分を使って話すため、感情豊かな会話もできる反面、結局何を言いたいのかが分からなくなってしまう事も多くなりがちです。

最近は男女間の脳の差は殆どないという説も出てきていますが、全体的な男女の特徴としてはこのような傾向は強いのかなと感じます。

男女差におけるストレスの感じ方

男性がストレスを感じる時は仕事の場面に集中していることが多いといわれます。男性は女性よりも競争心が強く、上下関係を意識しがちなため、仕事に対するストレスを抱きやすい傾向にあります。家庭を持つ男性であれば、自分一人の問題ではなく妻や子供を養っているという意識から自分の感情を殺して仕事をしている人が多いので、未婚の男性よりもよりストレスがかかるのは容易に想像ができます。

一度ストレスや問題を抱えると、解決するまでは他人との関わりを避ける傾向があるのも特徴の一つで、スポーツ観戦やゲーム、ドライブ・ツーリング、飲酒など一人でもできることなどでストレスを発散しています。

 

女性がストレスを感じる時は日常生活に多いようです。仕事上では男性よりも競争心が少ないためストレス量は小さい傾向にありますが、その分家事や育児、ご近所との付き合いでストレスを感じやすく、男性よりも精神的にダメージを受けやすい状態になりがちです。

また、女性は人との繋がりや居心地の良さを求めることが多いため、人間関係に対する関心が強いのが特徴。人の感情を察知するセンサーが高いので、人間関係が良くない状態が続くとストレスが溜まりやすくなります。

女性のストレス解消法としては、主に仲の良い友人との食事やお喋り、ショッピングなどが多く、主に他人と行動を共にすることでストレスを発散しています。

男性にも女性にもお勧めな香月流ミラクルダイエット

ストレスの発散方法としてお勧めなのが香月流ミラクルダイエットです。香月流ミラクルダイエットでは一人で黙々とする男性タイプの方も、みんなでワイワイと楽しみながらする女性タイプの方にも大人気です。ウォーキングは手軽に始められる運動のひとつとして最近は人気が高いですが、この講座では更に痩せやすくし、効果的にサイズダウンさせるために、カラダの滞りをほぐすためのセルフケアを入れています。目の前でみるみるうちに流れていく脂肪の姿を初めてご覧になった方はあまりの衝撃に目が点になり驚かれます。

実はストレスはココロだけではなくカラダにも溜まります。硬くなったカラダや溜まりに溜まった脂肪を流すことでカラダに溜まったストレスを解放し、ココロを身軽にする効果もあります。

「ダイエットしているのになかなか効果が現れず、痩せることができない」「ブヨブヨの脂肪を何とかしたい」「サイズダウンができない」「ココロをスッキリとさせたい」とお悩みの方には、個人レッスンやグループレッスンをはじめ、ワンデー講座や企業研修も行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

Adrress       大阪市北区梅田1丁目11-4-923-632

Call         090-2724-2603(代表)

E-mail       info@a-support.net

Copyright ©  アクティブサポートかつき All Rights Reserve